アメリカ民主主義さんの おぼえた日記 - 2020年7月19日(日)

アメリカ民主主義

アメリカ民主主義

[ おぼえたフレーズ累計 ]

137フレーズ

[ 7月のおぼえたフレーズ ]

0 / 100

[ 7月のテスト回数 ]

0

目標設定 ファイト!
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
このユーザの日記をフォローしよう!

この日おぼえたフレーズ(英語・中国語・ハングル)

おぼえたフレーズはありません。

おぼえた日記

2020年7月19日(日)のおぼえた日記

 

<BBC ニュース 7月19日>
Russia's UK ambassador rejects coronavirus vaccine hacking allegations
ロシアのイギリス大使がコロナウイルスワクチンのハッキングの申し立てを否定

◎要旨
コロナウイルス開発者のハッキング攻撃はほぼ間違いなくのロシアの諜報機関の仕業としたイギリスの情報機関の木曜日の発表を、ロシアのイギリス大使ケリン氏は否定した。また、イギリスのラブ外相が不法に入手した文書で2019年のイギリスの選挙にロシアが介入したことも否定した。で

Russia's ambassador to the UK has rejected allegations that his country's intelligence services tried to steal coronavirus vaccine research.

"I don't believe in this story at all, there is no sense in it," Andrei Kelin told the BBC's Andrew Marr Show.

On Thursday, UK security services said hackers targeting vaccine developers "almost certainly" operated as "part of Russian intelligence services".

Mr Kelin also rejected suggestions that Russia had interfered in UK politics.

Earlier this week, Foreign Secretary Dominic Raab said Russians almost certainly sought to interfere in the 2019 UK election through illicitly-acquired documents.

The papers, which emerged online, detailed UK-US trade discussions and were used by Labour in its election campaign.

"I do not see any point in using this subject as a matter of interference," Mr Kelin said.

"We do not interfere at all. We do not see any point in interference because for us, whether it will be [the] Conservative Party or Labour's party at the head of this country, we will try to settle relations and to establish better relations than now."

The interview comes days before a report into allegations of wider Russian interference into UK democracy is due to be published by Parliament's Intelligence and Security Committee.

On Thursday, UK, US and Canada security services said a hacking group called APT29 had targeted various organisations involved in Covid-19 vaccine development, with the likely intention of stealing information.

The UK's National Cyber Security Centre (NCSC) said it was more than 95% certain that the group, also known as The Dukes or Cozy Bear, was part of Russian intelligence services.

Asked whether that was true, Mr Kelin did not directly answer, but said: "I learned about their existence from British media."

"In this world, to attribute any kind of computer hackers to any country, it is impossible," he said.

Mr Kelin went on to dismiss a suggestion that it would be an "advantage" for Russia to know about vaccines in development. He said Russian pharmaceutical company R-Pharm had already entered a partnership with AstraZeneca to manufacture the coronavirus vaccine being developed at the University of Oxford, should it prove effective.

Elsewhere in the interview, Mr Kelin said Russian officials studying the country's recent constitutional referendum discovered "several cyber-attacks" originating from UK territory.

Two weeks ago, Russia voted in favour of a wide-ranging set of constitutional changes, which included clauses banning same-sex marriage and making it possible for President Vladimir Putin to stay in power until 2036.

Mr Kelin stressed that Russia was not "accusing the United Kingdom as a state" of being involved in the cyber-attacks and did not give further details as to their nature.

'Some spy story'
Andrew Marr also asked Mr Kelin whether he had seen the recent BBC miniseries, The Salisbury Poisonings, which dramatised the poisoning of former spy and MI6 informant Sergei Skripal and his daughter Yulia.

"I saw part of them," he said, adding that it was "so dull" he could not watch the three-part series to the end.

The UK has accused two Russian military intelligence officers of being behind the poisonings but the ambassador indicated Moscow was keen to move on from the incident, saying: "We still do not understand why some spy story should disrupt these important business relations which will be very helpful to Britain... when it is exiting from the European Union.

"We are prepared to turn the page and we are prepared to do business with Britain."

★語句
dismiss  (考えを)捨てる

◎私見
コロナに襲われてみると、日本が他国に後れを取っていることを思い知らされる。オンライン教育の遅れなどがその最たるものだ。また、給付金の配布に時間と膨大な事務コストがかかることもそうだ。また、GDPに対する債務比率も世界最悪。危機の時に、借金をする余地が既に小さくなっているのだ。
これは、今までの日本政府が宿題をサボってきたツケだと思う。勿論、その責任はシンゾー君にあることは間違いない。無能なリーダーを選ぶと、損をするのは国民である。

コメントを書く
コメント欄は語学を学ぶみなさんの情報共有の場です。
公序良俗に反するもの、企業の宣伝、個人情報は記載しないでください。
送信
※コメントするにはログインが必要です。
moo さん

ただ、コロナは共用タブレットなどの接触感染の例も相当あるようです。マスクだけでどこまで予防できるかは難しいところでしょう。
2020年7月20日 23時8分
chie さん

「プレミアムフライデーのみならず、地方創生・女性の地位向上など、いつの間にか忘れられた掛け声は数知れず。口先だけのシンゾー君。」はトランプ現象のはしりではと感じています。
2020年7月20日 23時6分
Jack Amano さん

民主主義の限界を感じています。日本の小学校でも道徳を教えるように、民主主義を教える必要があるのでしょうが、「教育勅語を範とすべき」なんてとんでもない人が行政の長に立つと、とんでもないことを教えるのでしょう。
2020年7月20日 23時2分
moo さん
1人
役に立った

マスクの普及率とコロナ感染に相関があるらしいです。ベトナムは90%で死者ゼロ。日本は70%。
基本的なところの知識と行動も結果に表れていますね。
2020年7月20日 5時40分
chie さん
3人
役に立った

アメリカ民主主義さんの私見、全てに同感です。今の日本はアジアの中でも後進国になってしまったように思います。韓国や台湾の科学的なコロナ対策に比べ、日本は全てが後手後手で何て遅れた国なんだろうと悲しくなってしまいました。これもシンゾー君が、7年間もの間にシンゾー君とその仲間達を優遇する政治を続けた結果ですよね。本当に次の選挙ではこんな無能な為政者を選ぶのはもう止めてほしいです。
2020年7月19日 22時30分
JackAmano さん
4人
役に立った

 多くの日本人が懲りもせずにworst choiceを繰り返していると思います。都知事選では排外主義を看板にする候補者に17万票が入り、政府のコロナ対策に90点を付ける人もいるとやら。
 そういう有権者をなくす方法はない。おそらく、どんな国でも時代でもbest choiceなどというものは有り得ず、the least harming choice at present (こんな英語があるかどうか知りませんが)を求めるのが、人類の限界だろうと思う。
2020年7月19日 20時43分
マイページ
ようこそゲストさん
会員になるとできること 会員登録する(無料)
ゴガクルサイト内検索
新着おぼえた日記